MENU

抜け毛予防の育毛シャンプーの種類は | 育毛シャンプー選び

抜け毛を止める機能があるとされる育毛シャンプーですが、1種類しかないと思っていませんか。

 

実は育毛シャンプーと呼び方は一つであっても、さらに細分化出来るのです。

 

 

こちらでは抜け毛を止めるための育毛シャンプーをより選びやすくするために、どんな種類があるのか、といったことをお話します。

 

薄毛を予防したい、薄毛を改善したいと思っている方は要チェックです。

 

 

男性用育毛シャンプーと女性用育毛シャンプー

 

・男性用育毛シャンプーの特徴・・・比較的、洗浄力が強め
・女性用育毛シャンプーの特徴・・・保湿機能に力を入れている

 

男性用と女性用の育毛シャンプーは、それぞれの性別の頭皮の特徴を捉えて作られています。

 

男性の頭皮がウェットな状態であることが多く、女性の頭皮は乾燥しているケースが多いのです。

 

 

男性は皮脂腺が活発化しやすく、大量に分泌されていることが少なくありません。

 

そもそも、頭皮にはそれでなくても多数の皮脂腺があるのです。その皮脂が頭皮に悪さをして抜け毛が発生してしまうこともあります。

 

脂漏性脱毛症と呼ばれるものです。

 

 

その皮脂を打破することが大事と捉える男性用育毛シャンプーが多く、洗浄力が強めに設定されていることがあるのです。

 

ただし、一般のシャンプーに比べると比較的洗浄力は抑えられているものも少なくありません。

 

実は近年になって皮脂の取り過ぎはよくない、といったことがわかっているのです。

 

最近の男性用シャンプーは最新の考え方を取り入れているものが多いです。

 

 

女性は男性とは逆に皮脂腺がそれほど活発に働いていないケースが多いです。

 

その影響で頭皮が乾燥しているわけですが、乾燥もまた頭皮トラブルを招きます。

 

乾燥した頭皮をクシで少し引っ掻いただけで血が出てしまう、なんて事もあるのです。

 

実は、皮脂で保湿がしっかりとされているお肌は、外部からの刺激に圧倒的に強いです。乾燥している状態が続くと、お肌が傷つきやすい状態がキープされているのと同じ、と述べている専門家もいるほどです。

 

女性用育毛剤は、洗浄力が弱めであり、それにプラスして保湿機能ある成分を含めていることが少なくありません。

 

女性の特徴を反映した育毛シャンプーの種類があることも把握しておくべきです。

 

 

育毛シャンプーの種類は3つ!

 

・アルコール系のシャンプー

 

最も一般的なシャンプーと言っても過言ではありません。

 

スーパーやドラッグストア等で販売されているシャンプーの多くがアルコール系のシャンプーなのです。

 

特徴としては、泡立ちがあります。きめ細やかな泡ができるので、頭皮の皮脂をさっぱりと洗い流してくれるのです。

 

汚れが気になっている方に適したタイプのシャンプーと言っても過言ではありません。

 

高い洗浄機能を支えているのが、アルコールシャンプーに含まれている「界面活性剤」です。

 

その界面活性剤の刺激が強すぎる、との指摘がされることもあります。

 

界面活性剤は、必要不可欠な皮脂まで奪い去ることが分かっています。

 

角質まで取り去ってしまう機能があるので、使い方を間違えると育毛とは真逆の効果を生んでしまいます。

 

あなたの頭皮がオイリーであれば、利用してもよいかもしれません。

 

一方で、乾燥肌の方は絶対に利用してはいけない育毛シャンプーの種類の一つです。

 

『アルコールシャンプーの見分け方』
・ラウレス酸〜
・ラウリル硫酸〜

などと成分表に書かれているもの。

 

石鹸系のシャンプー

 

石鹸を素材として使っているシャンプーです。

 

アルカリ性の性質を持っているのが最大の特徴です。我々の頭皮は弱酸性となっており、アルカリ性の石鹸シャンプーがつくと毛穴が開く、といった特性を持っているのです。

 

石鹸系のシャンプーを利用すれば、毛穴の特まで綺麗に洗浄できる、といったメリットが有るわけです。

 

また、石鹸系のシャンプーは天然成分に注力したものも少なくありません。

 

保湿機能を取り入れたものもあり、頭皮に優しいシャンプーとしても知られています。

 

一方で、石鹸系のシャンプーには見逃せないデメリットも有ります。

 

アルカリ性の影響で髪の毛がごわつくような状態になってしまうのです。

 

髪の毛がまとまりやすかったり、サラサラのような状態になることを希望している方にはオススメできません。

 

特に髪の毛の長い女性の利用は不適切かもしれないのです。

 

石鹸シャンプーで洗浄した後に髪の毛をクシでとかそうとすると、髪の毛に引っかかりやすくなり毛根を痛める原因になってしまいます(機械性脱毛症の発症)。

 

『石鹸系シャンプーの見分け方』
・石鹸(石けん)
・脂肪酸〜

 

商品名や成分表に上記のネーミングが含まれているもの。

 

 

アミノ酸系のシャンプー

 

育毛シャンプーの中では、最もオーソドックスなタイプです。

 

洗浄力と刺激のバランスが非常にとれているのです。

 

洗浄力はそれほど強くありませんが、ないわけでもありません。

 

そして、頭皮の刺激が極めて少ないのです。皮脂の取り過ぎないで、頭皮を痛めることもなく、髪の毛のごわつきをもたらすこともありません。

 

我々の髪の毛や頭皮は弱酸性の性質を持っています。

 

一方で、アミノ酸シャンプーの弱酸性なのです。

 

弱酸性のものを弱酸性で洗うことになると低刺激となるのは当たり前ですよね。

 

ちなみに、アミノ酸系のシャンプーは敏感肌など頭皮にトラブルがある方でも利用できる、といったメリットが有りますよ。

 

『アミノ酸系シャンプーの見分け方』
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸TEA
・コミカド〜

成分表に上記のネーミングが含まれているもの。

 

 

3つのうちどの育毛シャンプーが最も抜け毛を止めることが出来るのか?

 

人それぞれ薄毛になる原因は異なるので、3つのどのシャンプーにも合う合わないがあることは確かです。

 

しかし、最もリスクが少ないのがアミノ酸シャンプーであることは間違いありません。

 

初めての育毛シャンプー利用時には、アミノ酸シャンプーを選択しましょう。

 

アミノ酸シャンプーは、少し値段が高く1ボトルあたり3,000円から5,000円前後で販売されています。

 

1ボトル1ヶ月と考えると、年間で30,000円台から60,000円程度かかるので、ある程度の出費の覚悟が必要です。

関連ページ

育毛シャンプーで薄毛予防できる?
育毛シャンプーを使うことで薄毛が防げるのか?育毛シャンプーと市販のシャンプーの違いや育毛シャンプーが薄毛対策に効果的な理由をまとめています。
育毛剤と相乗効果!効果的なシャンプー方法
薄毛対策に育毛剤を使うなら、そのまえに育毛効果を高めるために正しいシャンプーをすることも大切です。育毛剤の効果をより引き出す為のシャンプー方法を紹介しますので、普段のシャンプー方法と比べてみてくださいね。
薄毛におすすめ!頭皮にやさしいシャンプー選びとは?
抜け毛が増えた!薄毛に使っていけないシャンプーとは?
抜け毛が気になり、薄毛対策にシャンプーを選ぶ時の注意点をまとめています!シャンプーは色々な種類のシャンプーがありますが、薄毛に使っては行けないシャンプーの見分け方も紹介します。
頭皮とお財布に優しい市販の育毛シャンプーで薄毛予防!
抜け毛や細毛が気になり、薄毛予防でシャンプーを選ぶ時のポイントを紹介します。ドラッグストアーで格安のシャンプーを購入するときは、2つのポイントをチェップしましょう!
ノンシリコンシャンプーとは?本当に薄毛対策におすすめ?
ノンシリコンシャンプーは、髪が薄くなっている男性には重要な育毛アイテムです。ノンシリコンは、髪の成長を邪魔しない育毛に優しいシャンプーですが、ただし、ノンシリコンシャンプーだからと適当に選んでいるのは間違いです。
育毛シャンプーに変えるだけで抜け毛が止まるのはなぜ?
普段使っていたシャンプーを育毛シャンプーに変えるだけで、抜け毛が止まる効果があります。育毛対策にも使える育毛シャンプーの効果についてまとめています。
育毛剤を使うなら育毛シャンプーも併用すべき?育毛剤の効果
育毛シャンプーは、育毛剤のメーカーから販売され、よく一緒に使うことをすすめられていますが、本当に一緒に使うと効果がアップするのでしょうか?育毛剤の使用・不使用での薄毛への効果について、まとめています。
抜け毛を止める育毛シャンプー|育毛シャンプーの効果
抜け毛予防にこれから育毛シャンプーを使う方に、育毛シャンプーの選び方について解説しています。抜け毛を止めるのに始めやすいのがシャンプーを変えること。ですが、間違った選び方をすると返って薄毛が進行することにも。
抜け毛予防のシャンプーに男性と女性の違いはある | 育毛シャンプーの比較
育毛シャンプーの育毛効果、育毛シャンプーの選び方などまとめています。頭皮に優しく育毛ケアに効果的な育毛シャンプーの選び方などお役に立てる情報も紹介!